不動産売却の相談はプロにお任せください

どうしても不動産を手放さないといけない時ありますよね。不動産売却を安全に行いたいのなら、プロに任せましょう。 - 不動産売却をする上で行う媒介契約とは?

不動産売却をする上で行う媒介契約とは?

家やマンション等の不動産売却(査定)を行う際には不動産業者と売り手との間に媒介契約を交わさなければいけません。
分かりやすく言うと…この不動産会社へ家の売却を正式に依頼する為の契約書ですね。
今日は媒介契約についてご説明していきたいと思います。

契約を交わす必要性について

媒介契約を交わさなければいけない理由としては、売却を依頼した時点で不動産会社は売却されるまで営業したり宣伝してくれる訳ですね。
そこにかかる費用や経費がかかっている訳ですから、売り手が好き勝手に行動してしまうと不動産会社としては大赤字になってしまいます。
それを防ぐ為に媒介契約は交わさなければいけません。

媒介契約にも種類がある

媒介契約は三種類あり売り手はどちらかを選択する事が必要となります。

【専任媒介契約】

一般的と言われている媒介契約で、売り手は複数業者への売却依頼は不可となりますが、売り手自身が買い手を見つける事はOKです。
売り手が自ら販売した場合には不動産会社へ仲介料を支払わなくても良いとされます。
また、情報機関へ物件登録もされるので売り手にとっては好条件となります。

【専属専任媒介契約】

内容は専任媒介と同じではありますが、違う点はどういう状況下で不動産の売却が決まったとしても仲介業者へ仲介手数料を支払わなければいけないという仕組みです。
ですから、売り手が自分で買い手を見つけた場合にも、不動産業者を通して売却の手続きを行わなければいけないのです。

【一般媒介契約】

この媒介契約は、何社かの不動産業者へ売却依頼が出来るという契約で沢山の窓口を設ける事により、営業効果も期待出来ます。
けれど、複数の業者で物件を共有しているのでモチベーションを下げてしまう可能性も…。
以上が媒介契約の種類になりますが、どちらが自分に合った契約かをしっかり考え不動産会社と契約を結んで頂きたいと思います。

関連する記事

Copyright(C)2016 不動産売却の相談はプロにお任せください All Rights Reserved.