不動産売却の相談はプロにお任せください

どうしても不動産を手放さないといけない時ありますよね。不動産売却を安全に行いたいのなら、プロに任せましょう。 - 不動産売却に必要な仲介手数料について

不動産売却に必要な仲介手数料について

動産売却(査定)を行う際には不動産会社へ支払う為の仲介手数料についてもきちんと理解しておかなければいけません。
こうしたトラブルを防ぐ為の注意点についてご紹介していきたいと思います。

仲介手数料の上限

不動産会社が受け取れる仲介手数料にはきちんと上限があり、これは宅地建物取引業法で定められています。
これを超える手数料を支払わせた場合には法令違反という事になります。
また、法令内だからと上限いっぱいいっぱいの金額を請求するのもいけない行為となります。

売買契約後に仲介手数料は発生

仲介手数料が発生するのは売買契約成立後に請求出来るものとなっています。
ですから売却が成立する前に仲介手数料を払う義務はないのです。
また、一般的には契約締結時に仲介手数料の50%を支払い、引き渡し完了時に残りの50%を払うという手数料を支払う時期を交渉する事も出来ます。

手数料以外の費用

不動産会社は広告費・現地案内費用等を依頼主に請求する事は不可とされています。
けれど、売り手が特別に広告などを依頼した場合と、売り手が遠隔地へ行けず不動産会社と買い手とが交渉する為にかかる経費・旅費は請求する事が出来ます。
まとめてみると…
■売り手側の依頼がありその為に発生する費用である事
■基本的な仲介業務の中ではかからない費用
と基本的には売り手側が何らかの依頼があった場合の費用という考えになります。
上記の様に、仲介手数料の他にも必要となる費用を支払わなければいけない事も状況によりあるはずです。
後になって話が違うという事にならない為にも不動産売却(査定)を行う際には、こうした事もどこからどこまでが仲介手数料に含まれているのか?等の確認をきちんと行う事も大事なのです。

関連する記事

Copyright(C)2016 不動産売却の相談はプロにお任せください All Rights Reserved.