不動産売却の相談はプロにお任せください

どうしても不動産を手放さないといけない時ありますよね。不動産売却を安全に行いたいのなら、プロに任せましょう。 - 売却における査定方法も色々ある

売却における査定方法も色々ある

不動産売却(査定)を依頼する場合には、どんな査定方法があるのか?
査定方法について以下で説明していきたいと思います。

簡易査定について

この査定方法は大まかな売却価格を把握しておきたいという場合に良いとされる方法で、売却したい家やマンションの近隣物件や公示価格を元に大まかな査定価格を出していきます。
「机上査定」とも呼ばれていて、ネット上で行う査定もこれに含まれています。
訪問査定とは違い現地に出向く事はありませんので、査定額が訪問査定後と大幅に違ってしまう事もあります。(建物内部の劣化や高低差などが把握出来ない為)

訪問査定について

簡易査定では不安という方は、物件を現地まで出向いて査定する訪問査定をおすすめします。
周辺状況・建物の中をみて査定価格を算出していきます。
日当たりや隣地との高低差等と細かく調査しますので、的確な査定額を出す事が出来るでしょう。
公図や登記事項証明書、地積測量図、建物図面等の取得や建ぺい率、容積率の確認の他、道路状況・防火地域確認、上下水道インフラ整備状況と細かく査定する為に役所調査をするので、査定結果が出るまでには多少時間が必要となるでしょう。

査定は複数不動産で行う

上記方法で複数の不動産で査定してもらう事が必要です。
一社だけでは適切な査定額かを判断出来ないので複数の不動産で査定してもらいましょう。
また、査定結果が出た後もどうしてこの査定額になったのか算出根拠も確認する事を忘れずに。
以上が、不動産売却(査定)を依頼する場合の査定方法ですが、簡易査定は大まかな金額を知りたい時や、売却をこれから検討したい時の目安程度と考えておきましょう。
そして、訪問査定はきちんとした明確な査定価格を知りたい時や本格的に売却を考えている場合や直ぐにでも売却をしたい方におすすめするものです。
これらを踏まえて査定方法を選んで頂きたいと思います。

関連する記事

Copyright(C)2016 不動産売却の相談はプロにお任せください All Rights Reserved.